イカ天とは?
皆さんは伝説の音楽番組「イカ天」をご存知でしょうか?正式名は「平成名物TV・いかすバンド天国」。昭和が終わり平成という新たな時代が始まった1989年〜1990年に渡りTBS系で放送された深夜番組で、司会は三宅裕司と相原勇。毎週10組のアマチュアバンドが登場しその腕を競い合う、そして審査員によってそれらのバンドには様々な賞が与えられる、といった内容でした。当時爆発的な人気を呼び、まったく無名なバンドも「イカ天」に出演し番組内で高く評価されればその後ライブハウスを満席にしてしまうほどのカリスマ性を誇っていました。

しかし「イカ天」が生んだバンドブームは同時に弊害をも生み出しました。当時は音楽業界もいわばバブル期で、確かに多くの名バンドも世に出ましたが、その反面「イカ天」でちょっと話題になっただけのバンドをもレコード会社が衝動買い、結果多くのバンドをデビューさせすぎてしまったのです。「イカ天」自体の人気も低迷、番組が終了するとバンドブームも一気に過ぎ去り、ブームに便乗してデビューしたバンドもほとんどが消えてしまいました。

そんなわけで音楽シーンにおいて必ずしも「成功した」とは言えない番組ではありますが、 それでも当時ほとんど注目されることのなかったアマチュアバンドに眩いばかりのスポットライトが浴びせられ、それまで夢の夢に思われた「メジャーデビュー」が非常に近い存在となり、バンド野郎たちに多大な希望を齎した偉大な番組、僅か2年弱という放送期間ながら、現在でもJ-ROCK史を語る上では欠かせない存在です。

このコーナーはその「イカ天」の功績、素晴らしさを後世に伝えてゆくべく分かる限りのデータを掲載、当時を懐かしむ方はもちろん「イカ天」を知らない世代の若い音楽ファンの方々にも楽しんでいただこうと思い製作しました。まだまだデータが不十分な部分が多いですが、皆様のご協力によって少しでも多くのデータを掲載できたらと思っております。



インデックスに戻る

inserted by FC2 system