イカ天25周年イベント
 2013年2月10日、そのイカ天の25周年を飾るイベントが、イカ天の仕掛け人であるジャクソン井口氏プロデュースの元、東京大塚のライブハウスで行われました。自分もこれには大変期待し、夜行バスで香川から駆けつけました。

 

********************

 ライブハウスHEARTSに行くと、大量の当時の写真が貼り出されていました。
その中には大物バンドの姿も。



たま



カブキロックス



マルコシアスバンプ



BLANKEY JET CITY



********************

 まずはMCのお二人が登場。1人は前述のとおり今回のイベントを企画したジャクソン井口氏。もう一人はマサ子さんというバンドで同番組に出演したVo.のマユタンさん。そして午後3時、イベントが開始されました。

********************

 トップバッターは中学生日記


 大屋政子風の女装スタイルで、「オヨヨヨヨ」と三国志風に泣きまくるVo.がインパクト大でしたが、審査員からはギターの腕が高く評価されていたバンド。前座扱いだったそうですが、 前座にしておくにはもったいないほどのハイレベルな演奏、現在でもまったく衰えてませんね。

 イカ天出演時の写真はこちら。


 ライブ後は物販にいらしたVo.の坪井さんとお話もできました。


 歌っているときのイメージと違って、すごく真面目な方。私「最近のバンドだと、神聖かまってちゃんってのが結構中学生日記さん彷彿させる感じですよ」、坪「名前は聞いたことあるよ」とのこと。CDも購入させていただきました(正確にはCD-R)。

 で、今回のイベントでは参加アーティストやお客様にこんな「ちょい痛」な名刺をお配りしてたのですが・・・


 坪「これ、イカ娘じゃん」、とご存知でした。ここツッコんで来たのは実にこの方だけです。現在は2児の父だという坪井さん、私「もしかしてお子さんが好きなんですか?」とお聞きすると、坪「いや、僕が好きなんだよ。『けいおん!』とかも」と。この方とはいつか飲みながらアニメ談義してみたいですね。

********************

 そしてBellets


 自分はイカ天で歌われた「半端者」しか分かりませんでしたが、熱狂的なファンもいるのか、セットリスト全部メモされてる方もいらっしゃいました。写メお願いすれば良かったなあ。

 ライブ後、Vo.の渡辺さんがいらしたのでサインをお願いしたところ、すごくいい方で、快くサインを書いて下さったばかりか、他のメンバーの方も呼んでくださって、多くのサインをいただけました。



 渡辺さん、現在でもスタイル抜群の超イケメン。かたやギターの柴田さんは・・・ちょっとオジサンっぽくなったかな?「極楽 A GO-GO!ってサイトやってるんで、見てね」と言われ、ネットで検索してみると・・・ありました。これってBellets公式サイトなのかな?URLから察するに、どちらかというと、亡くなったメンバーの ベースの落瀬さんに関するサイトって感じですかね?(極楽 A GO-GO!)イカ天フォーエバーのリンクに加えさせて頂きたと思います。

********************

 続いてはイエロー太陽s。4代目イカ天キングで、武道館にも出演。2年目にはリベンジ出演も果たしています。


 活動期間は意外に短く、メジャーでアルバム1枚出したのみ。その僅かな活動期間でもメンバーチェンジがあり、以前は女の子もいたのに、今回は変わってました。

 Vo.の服部さんは一見昔とそんなに変わってないかなと思いましたが、Key.の方(現在は柴崎さん?)は当時より30キロ太ったとのこと。それに対しギターの今野さんは黒田勇樹ばりのイケメンで、1曲はボーカルも取ってました。

 太陽sはCDも持っていってたのに、サイン頂けなかったのが残念。

********************

 メカエルビス(ex.サイバーニュウニュウ)×黒沢伸(宮尾すすむと日本の社長)

 このお二人とはライブ前にいろいろお話できました。開設当初のイカ天フォーエバーの掲示板にもよくいらしてくださってたので、私のこともご存知でした。

 元サイバーニュウニュウのG.メカエルビスこと村山さんは暴飲暴食がたたり、数年前に糖尿病になったんだそうです。しかし食事療法で大幅なダイエットに成功。奥様はエビ沢キヨミさんという漫画家で、その闘病や食事療法についてコミックエッセイを描かれています。会場には奥様もいらしていて、ご本にご夫婦のサインもいただきました。Amazonでも売っているので、音楽ファンならずともダイエット、メタボに悩んでる方に是非オススメの1冊です。


 黒沢さんのほうは、宮尾〜のCDにサインをお願いしたところ、黒「ちょっと待ってね〜、最近老眼でね」って、そんな歳?私「もしかしてお2人で『2枚でどうだ』やるんですか?」とお聞きすると、黒「まさか、俺たちはヒーリングミュージックやるんだよ。東儀秀樹みたいな」と。

 その後ライブ開始。まずはメカエルビス氏が登場。



 デジタルロックの曲が数曲続き、氏のソロ曲なのかなと思いきや、一部聴いたことのある曲が・・・この曲、「ピノキオ」?(サイバーニュウニュウの曲。アルバム「秘密のバス」収録)大幅なテクノアレンジがされてるから、はじめ気づかなかったです。

 その後黒沢さんも参戦し、お二人でサイバーニュウニュウ「ひねりつぶせ」と宮尾すすむと日本の社長「2枚でどうだ」を熱唱・・・「2枚でどうだ」、やってるじゃねえかよ!どこがヒーリングミュージックなんだよ(笑)。



********************

 続いての登場はGUEEN


 イカ天出演時はQUEENのコミックパロディバンドかと思ってましたが、意外にもそのカバーレベルは高く、「I was born to love you」、「We Will Rock You」、「Bicycle Race」、「We Are The Champions」などのおなじみのQUEENナンバーを演奏。Vo.のフレディ波多江さん、お年を召したことがかえってほんまもんのフレディ・マーキュリーに似てきたんじゃないかと思えました。イカ天以降も解散はしておらず、現役。公式サイトも存在します。

********************

 そしてトリはカブキロックス。30代以上なら、イカ天は見たことなくてもカブキは知ってるって人も多いのでは?「ドラクエ」、「YAIBA」等のアニメタイアップに、スーパーファミコンでゲームになったりもしましたし。


 ただド派手なビジュアルに対して、イカ天終了後はやや存在が薄くなっちゃったかなと。どうしても聖飢魔2とカブってしまうのと、Vo.氏神一番氏のトークがぎこちなく、デーモン閣下ほど面白いキャラじゃなかったのがその原因?

 氏「天国の池田貴族に届くよう、盛り上がりたいね」的にMC。そう、氏は故・池田貴族さんとは良きライバルで、亡くなったときはショックだったんだそうです。

********************

 remoteのボーカル、池田貴族('99年死去。享年36歳。左から2人目)。彼に関してはこんな深イイ話も知ってます。


 イカ天出身バンドのブラボー、私の管理するイカ天フォーエバーの掲示板に、その元メンバーと結婚されるという女性の書き込みがありました。ブラボーはメジャーデビュー時に、「大人の事情」なのかVo.以外のメンバーを全て代えられるという騒動があり、元メンバーも「あんなの本当のブラボーじゃない」と激怒したんだそうです。そんな元メンバーの話を、貴族さんは親身になって聞いてくれて、相談にもよく乗ってくださってたんだそうです。イカ天のカメラの前ではふてぶてしい態度が印象的だった貴族氏、 しかし実際にはそんな友達思いの優しい一面があったんですね。

********************

 そしてイベント終了後のマユタンさんにも遭遇。早速お声をかけさせていただきました。私「お疲れ様でした。サインと握手お願いできますか?できれば結婚してください(笑)」とお聞きしたら、マ「う〜ん、結婚はちょっとね」と返されました。お聞きしたいことがたくさんあったので、ここぞとばかりにいろんなことをお聞きしてみました。

私「マサ子さんの前身って、人生(※1)のファンクラブから始まったって本当ですか?Wikipediaにも載ってないんで」
(※1 人生・・・石野卓球、ピエール瀧らが結成した、いわば電気グルーヴの前身的テクノユニット)、
マ「まあ、そんな感じだったかな?」。
私「じゃあケラさんとか卓球さんとも親交が深いとか?」
マ「そうですね、一応」。
私「花子さん(※2)って、2010年にもあったんですね。 昔あったのは知ってたんですが、続編が出てたのは知りませんでした」、
マ「そうだよ、声も担当したし、曲も書き下ろしたんだよ」。
(※2 花子さん・・・「学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!」のこと。主人公・花子さんの声と主題歌をマユタンが担当。1994、2010年にアニメ化)

 ちょっとナゴム(※3)やケラさん、卓球さんの話題が多くなってしまって、「マサ子さんというバンドについて」をもっと掘り下げてお聞きするべきだったかとも思いましたが・・・メンバーの方がお2人若くして亡くなられてるんですよね。ツインVo.でしたが、その片方でありマユタンさんの実姉のサブリナさん、そしてこのバンドの編成の最大の特徴であった琴を弾かれていたカナムさん。そのあたりに触れてしまうと申し訳ないように思いまして。
(※3 ナゴムレコード・・・有頂天のVo.ケラが興したインディーズレーベル。マサ子さんをはじめ、たま、ミンカパノピカ、グレイトリッチーズ、人生、筋肉少女帯、ばちかぶりなどが在籍)

 そして会場で彼女とお話されていた女性、マサ子さんのベーシストだった初夏(ういか)さんだそうです。サインをお願いしたところ、「自分はそれほどの者ではないので」とやんわり遠慮されちゃいましたが。

 現在マユタンさんは様々なバンドを掛け持ちしておられ、前述の様にアニメの声優もされたりと、マルチな活動をされてます。物販にて、彼女の活動の中の一つであるユニット「たんきゅん」のアナログ盤を購入、こちらにもサイン頂きました。


 右がマユタンさんなんですが・・・なんですか、この弩級の可愛さ!全然現役女子学生としても通るんじゃないですか?ホントに俺より年上?「永遠の少女」ってこういう人を言うんだなあ。あまりに可愛いから、拡大コピーして枕元の壁に貼ってます(マユタンさんのブログはこちら。同じ写真もあります。)。
 後悔したのは、物販で売ってたマサ子さんの2ndアルバムを、散々悩んだ末買わなかったことですね。あんとき買えばサインも貰えてたかもしれないのに、ケチケチするんじゃなかった、と。
 そんな「永遠の少女」憧れのマユタンさんを目の前にし、デレデレ気味になってしまい、いい年して初恋のように胸をときめかせてしまいました。

********************

 カブキの氏神さんは自ら物販にいらっしゃいました。


 その後取らせていただいたマユタン、氏神一番両氏との超豪華な3ショット。


 氏神さん、CDとか買ってないのに、写真やらサインやらお願いしてすみませんでした。近々カブキ初のベストが発売されるということで、そちらのほうは絶対購入したいと思います。

********************

 他に印象深かったのは・・・各バンドの出演の合間に巨大スクリーンが降りてきて、当時の映像が流れました。関東圏では「別冊イカ天」ての、やってたんですよね。これは見たことなかったんで、初めて見て驚きでした。

こちらは相原さん。


 こちらはたまのライブ画像。




********************

 残念だったのは、今回の仕掛け人であるジャクソン井口さんとあまりゆっくりお話できなかったことですね。
私「えびす温泉ってCASCADEが出てたんですよね?」、
ジ「あのバンドは俺が見出したんだよ」。
そんくらいの会話しかできませんでした。イベント後は後片付けなどでお忙しそうで、声掛けづらかったです。

 当初は、私がイカ天サイトを運営しているという縁で打ち上げにも来ていいとか言われてたんですが、思ったより反響大きくて、取材陣も多く来ることになったから君を呼ぶことはできなくなった、と数日前に言われました。イベント同様、打ち上げも期待してたんだけどなあ。

********************

 そんなわけで、最高の時間を過ごすことができました。サインもいっぱいいただきましたし。

 

 次は5年後の30周年に行われるらしいです。ジャクソンさんはBEGINも呼びたいとおっしゃってましたが(私は人間椅子とマルコシアスバンプ希望)。実現するといいですよね。

********************

<おまけ>
 イカ天に関するフリーペーパー「B級コレクターズ」を制作されている、mixiのマイミクでもあるかんたさん。偶然にも同じ香川県民ということで、以前お会いしました。私以上のマユタンさんのファンらしく、マユタンさん、カブキさんのサインをお願いされていたので、いただいてきました。それがこちら。



インデックスに戻る

inserted by FC2 system